ファクタリングで違法すると

ファクタリングで違法すると

ファクタリングで違法すると ファクタリングは、売掛債権を担保にお金を貸し付ける金融手段で近年は現金化されない債権を保有する中小企業などの運転資金の調達手段として注目されています。
ただ中にはファクタリングを行う企業の中には、違法である取引を行っている事例が多く見られ、それによる逮捕の事例まで生じたケースが見られます。
その逮捕された理由は、無登録営業での貸金業法違反、超高金利での出資法違反のケースです。
もちろん罰則も定められているので逮捕されたり、裁判でも有罪判決を受けるともあります。
ファクタリングの違法は、最近は貸金規制法が厳格化され行き場を失った闇金により行われるケースが目立ち、当然、無登録営業、利息制限法や出資法に定める利息を超過した利率を設定しています。
企業としては営業停止になるのは当然で、それだけでなく会社の代表者やスタッフなどが逮捕されることも多いです。
ファクタリングは適正に行われている分には問題が存在しませんが、不正となると厳しい罰則が待っております。

ファクタリングで違法行為を働き逮捕された事例も

ファクタリングで違法行為を働き逮捕された事例も ファクタリングでは取引先の売掛金債権などを、譲渡してその対価を得ることで現金を入手することが出来ます。
形式面に着目すると純然たる売買取引行為ですが、なかには高利の闇金業者と変わらない悪徳業者の存在が指摘されています。
なかには貸金業法違反などの違法行為で逮捕摘発される事例もでています。
大阪で実際に摘発された事例では、運転資金が枯渇した会社が、取引先への債権を対象にファクタリング取引を行ったものの、同時に現金の融資も行っていたという事例があります。
この取引では債権を譲渡するときには実際には現金の支払いがなされておらず、法的には債権を担保にした金銭消費貸借に他ならないため、違法な高金利による融資と捜査当局が判断し貸金業法違反で逮捕されたというものです。
ファクタリングを装ってはいるものの、取引の実態をみれば法律の制限を大きく越えた貸付に他ならないは横行しており、摘発されたのも氷山の一角と指摘されています。