最短で即日の入金も可能

最短で即日の入金も可能

最短で即日の入金も可能 ファクタリングは、最短で即日で入金も可能であることが特徴です。ただし、どの会社・方式でも対応できるわけではないので注意しましょう。
手数料を抑えられる3社間を利用する場合には、売掛先へ承認してもらう手間があるので時間がかかります。そのため、売掛先の関与しない2社間で行う必要があります。2社間であっても対応していない会社もあるので、可能であると明記されていることを確認してから申し込むと良いです。急いでいる場合でも比較をして最適な会社を選びましょう。実際に緊急でお金が必要になった状況で情報収集をして比較をする時間はないので、ファクタリングの利用を検討しているときには事前に候補になる会社を探しておきます。一般的には2社間では償還請求権がない場合が多いですが契約に含まれていないか確認し、契約内容も不明確になっていないか調べます。なお、即日と記載があっても審査が終わる期間を指す場合と入金を指す場合があるため、どちらであるのか確認することも重要です。

資金調達に違法性はないのか

資金調達に違法性はないのか ファクタリングによる資金調達には違法性はないので、安心して利用できます。
まず、これは売掛債権や受取手形などを売却しているものであり、融資ではありません。そのため、貸金業法や利息制限法などの対象外になります。ファクタリングは金利を取れないので手数料が発生しますが、これは1回ごとのものです。例えば支払期限が2か月後で10%のものでは、年率に換算すると60%になります。これは利息制限法の上限と比べると大幅に超過するものですが、現時点では手数料の上限を規定する法律が存在しないので適正です。年率では高くなりますが、1回で済ませれば10%を超える負担にならないため、計画的な利用をすると良いでしょう。なお、大手のファクタリング会社の中には将来的に規制されて現在の基準が違法になることを懸念しているところもあります。その対策として、使い込みの起きる危険性が少なく、手数料を低く抑えられる2社間のファクタリングしか行っていない会社があります。