ファクタリング業者を選ぶ時は参考にしてください

個人でファクタリングする際の注意点

個人でファクタリングする際の注意点 ファクタリングは、企業が有する売上債権を買い取りを行います。
場合によっては債権の回収まで行う金融取引の総称の事をいいます。
メリットとしては、回収が不能だという事がないのと不良債権のリスクがないので、現金化が可能だという事です。
今中小の企業を中心に人気が出ている回収方法です。
ファクタリングを行う際の注意点があるとすると、個人事業主の場合です。
法人の場合は、不安定ではないので取り扱ってくれる場合が多いのですが、個人の場合だと不安定だという事で門前払いされてしまう事もあります。
日本では法人と違って扱いが良いものではないので慎重になってファクタリングをしてくれる所を探すと良いかもしれません。
おすすめなのが、ウィットという会社です。
500万円以下の小口を専門で、非対面での契約が可能となっています。
営業時間は9時から18時となっています。
買取金額が低いからと、後ろめたい気持ちになるのではなくて利用しやすい環境だと言えます。

個人事業主でもファクタリングで資金繰り安心

個人事業主でもファクタリングで資金繰り安心 事業を営む目的は利益だけでなく趣味の実現や社会貢献など人それぞれですが、それでも利益が出なければお金が行き詰まって事業の継続はできなくなります。
そのため、利益追求そのものが目的でなくても事業は本来営利活動です。
一方で、利益が出ているだけでは十分ではなくお金が尽きてしまえば会社は資金ショートで破たんを迎えることがあり、その代表例が黒字倒産です。
黒字倒産は実は特殊なことではなく、会社が成長していく中でショートすることは珍しくありません。
売るための商品を仕入れたり、スタッフの人件費など事業の支出は待ってくれませんが売掛金や手形などの入金は実際の売り上げよりも時期がずれ込むことがあります。
受取手形は形があるので銀行で割引することができますが、売掛債権はそのままでは期日が来るまでお金になりません。
将来お金をもらう権利である売掛金を売買するのがファクタリングで、会社組織でなくても事業主であれば個人経営でも契約可能です。
ファクタリングを契約する場合、利率に相当する債権売買の手数料を比較すると効果的です。