ファクタリングの金利

ファクタリングの金利

ファクタリングの金利 ファクタリングは売掛債権を売却して事業資金を手にする方法であり、融資ではありません。貸金業ではないので金利を設定することができず、代わりに手数料を差し引いたものが手にできる金額になります。
2社間と3社間で手数料の設定には大きな差がありますが、いずれの場合でもファクタリングでは1回当たりにかかるものです。融資の場合は年間の利率として表示されるものなので、単純に数値だけで比較ができないことに注意しましょう。例えば支払期限が2か月のファクタリングを利用した場合、金利に換算すると6倍になるので5%では30%に相当することになります。これは貸金業であれば法律で決められている上限を大きく超えるものになり、負担が大きいです。利用回数が少ない場合にはそれほど影響のないものですが、何度も繰り返して利用していると非常に大きくなります。そのため、手数料の割合が小さく見えても実際にはどの程度の負担になっているのか十分な考慮が必要です。

ローンよりもファクタリングはハードルが低い?

ローンよりもファクタリングはハードルが低い? 企業にとって、事業を行うための資金をどのように確保すればいいのかというのも大切な問題の1つです。資金調達の方法の1つとしてあげられるのが、ビジネスローンを利用するというものです。ですが銀行からお金を借りたくても、赤字が続いているような状況だと融資してもらえません。一方で赤字でも資金調達が行える可能性がある選択肢として、ファクタリングがあげられます。ファクタリングでは現在の経営状況よりも、これからの可能性や企業の信用性が大きく変わってきます。
ビジネスローンとファクタリングには、それぞれ異なる特徴が存在しています。そのためどのようなお金で事業のための資金を調達するかは、状況に応じて考えていくことが大切です。メリットやデメリットを1つずつ比較していくことで、より良い形で事業を進めることにもつながります。例えばファクタリングを利用したくても、売掛債権がないと資金調達ができません。1つずつの点を整理して検討していきましょう。