ファクタリング業者を選ぶ時は参考にしてください

違法ファクタリング業者の手口

違法ファクタリング業者の手口 ファクタリングは金融業界で高い需要がありますが、ファクタリングを利用したことがない経営者にとっては、手数料の相場を知らないことが多いものです。
違法業者はそれをいいことに、破格の手数料で勧誘するケースがあります。
2社間の手数料の相場は10~30%で、これより大きく差があるときは注意が必要です。
通常のファクタリング会社は顧客が持ってきた売掛債権から、売掛先の財務状況を詳細に信用調査します。
しかし違法業者は会社の経営状況や債権をきちんと審査していません。
審査結果を遅く出し、いかにも時間をかけて審査しているように見せかけるケースもあります。
このとき審査しているのは、客自身が自分たちを更に上回る会社ではないかという点だけを確認しています。
詐欺集団が更にだまされないかを恐れているのです。
また手数料を5%の相場を提示していたにもかかわらず、審査の結果売掛金の信用度が低いなどと言って、高い手数料を要求してくることもあります。
加えて契約には本来必要のない保証料や、手付金などの費用を追加請求する手口もありますから要注意です。

ファクタリングに申し込む際には違法業者をチェックしましょう!

ファクタリングに申し込む際には違法業者をチェックしましょう! ファクタリングは売掛金の早期の現金化が可能になるサービスであり、買取の場合と貸し付けの場合とがあります。
買取の場合には金融業者に債権を買い取ってもらい、割引料を差し引いた金額を現金で受け取ることができます。
貸し付けの場合には売掛金を担保とすることで、一定金額の借り入れが可能となるのです。
サービスを利用する際には違法業者に注意をしてください。
日本では貸金業法という法律により、貸金業者は都道府県への届出を行うことが義務付けられています。
ただし一部にはこれを行わず、違法な金利を請求するヤミ金融が存在するのです。
ヤミ金融は主にキャッシングなどによる方法で貸し付けを行っていますが、近年ではファクタリングの方式で貸し付けを行うことが増えているようです。
安易に利用してしまうと「トイチ」(10日で1割)などの高額な利息を請求されてしまいますので、申し込みの際にはくれぐれも慎重にチェックすることを心がけてください。